常に気持ちは前向き、体力は後向き、なナイスなお年頃の英語講師のブログです。2011年3月大学院無事修了。明日はどっちだ?!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
秋のかほり

夕食に秋刀魚を焼いたら、グリルの中が火事になりました。
もうもうと煙が上がって、目も開けられないほど。
換気扇と扇風機を全開にして強制換気しました。

全身、いぶり臭い。
ある意味、秋のかほり?

ま、秋刀魚は美味しかったのでいいんだけど。

今日はダメだったけど、
次回はぜひ栗ごはんと秋刀魚にして秋を満喫したいっ!




来年度の就職関係の書類を準備しているのですが、
さっぱり先に進めません。

大学で教えるとか、やっぱりアタシには無理じゃね?

とか

どうせ応募したって、こんな変な経歴のオバサン、
誰も相手にしないよな

とか

思考が果てしなくマイナス方向へ落ちていきます。

さらに

ゴン太郎の学校でいろいろもめごとがあって
ふと気付けば先頭に立って学校やいろんな人たちと話し合ってる自分が・・・

あ〜なんでこんなことになってる、自分!

しかも
思ったようにことが運ばないこともあって
この先、ますます泥沼にはまっていく予感がひしひしとします。



でも、悔しがりとしてはここで諦めるわけにはいかない。

はぁ〜因果な性格だよ、まったく。

20:52 ひとりごと comments(2) -
そ、そんな・・・

生チョコ仕立てのクリームエクレア(セブンイレブン)

生チョコ仕立てって
生チョコ仕立てって


そういう意味だったのぉぉぉぉ???


エクレアのクリームがチョコクリームって
考えたこともなかったのに。


ひと口食べてびっくり!
あーんどがっかり!
(いや、クリームは美味しかったんだけど)


カスタードクリームのエクレアが食べたいっ!!
18:01 ひとりごと comments(2) -
Boom!
何だろうね、これ。 泣きたくなるような幸せ感。 マイア・ヒラサワ Boom! 5月19日発売のようです(予約したよ)
23:08 ひとりごと comments(6) -
今ここにある幸せ

ゴン太郎撮影のフグ@アクアトトぎふ

卒業式の2週間後
開通したばかりの九州新幹線に乗って
1年ぶりに実家に帰りました。

今回の帰省のメイン行事は
昨年11月に97歳で亡くなった祖母の墓参り。
いろいろと事情があってお葬式に参列することが出来なかったので
しっかりお詫びしてきました。
思いがけず大伯父にも会うことが出来ました。
相変わらずダンディな大伯父でしたが、
ガンを患っていてあまり経過が良くないとのこと。
医師という職業柄、自分の病状がどうなのか分かってしまうというのは
ある意味残酷なことだと思いました。
手の施しようがないにしても、少しでも不安や痛みが和らげられるよう
祈らずにはいられませんでした。

そして
ここ数年、帰省するたびに両親の老いを感じます。
そろそろ100%健康とは言えない年齢になってきた二人に
今回は特に老いの影を強く感じました。

時間の流れは容赦ありません。
そして自分にどれくらいの時間が残されているのか
神ならぬ人間が知るすべはありません。

であれば、
今日一日与えられた命に感謝して精一杯生きるしか
私たちに出来ることはない
改めてそう思いました。
23:04 ひとりごと - -
古い写真
 

2歳の七五三



「先生の紹介カードを作りたいので、子どもの頃の写真を下さい。」
日々の忙しさに取り紛れてすっかり忘れていたけれど、
勤務先の英会話スクールでそう言われていたんだっけ。
早く持って行かなくちゃ。

久しぶりに子どもの頃のアルバムを引っ張り出した。
今まではあまり意識していなかったけど、
こうやってみると、小さい頃の写真は白黒ばかりだなぁ。
テレビも写真も、カラーが当たり前になったのは小学生になってからだったような。
第一、今のように日常的に写真を撮るということはあまりなかった気がする。
写真を撮るのは特別なことで、カメラの前に立たされると私はいつも緊張した。
今でも写真を撮られるのはとても苦手だ。

そんな時代だったけれど、
私の古いアルバムには白黒のスナップ写真がたくさん貼られている。
エンジニアだった父は機械いじりが好きで、
家には露出計があったし、押入れを改造した暗室まであって、
父は撮った写真を自分で現像していた。

父に抱かれた写真
子ども用の椅子に座って得意げな写真
2歳の誕生日の写真は、白布を張った前に家族が並んだカラー写真
父は目をつむり、素敵な帽子をかぶせられた私は
母を見上げて何かを話しかけている。

生まれてから2歳までを、私と両親は父の田舎で過ごした。
山間の小さな村のだたっぴろい家は、
冬には干すそばからおむつが凍るほど寒く、
写真の中の小さな私は、
ネルのチャンチャンコや毛糸の靴下を身につけ、
どこから見ても立派な田舎の子ども。
店らしい店もない田舎だったので、
着るものはすべて母の手作り。
おもちゃも母の手作りだった。

写真に写っている父と母は
今の私よりもはるかに若い。
裕福な暮らしではなかったし、
農家に嫁いだ母には大変なことがたくさんあったはず。
それでも写真の中の父と母は、
幸せいっぱいに微笑んでいる。
古い写真に書き添えられた母のメモの1字1字から
赤ちゃんを授かった若い母親の喜びが輝きだしてくる。

アルバムを見ているうちに
ふいにポロポロと涙がこぼれた。

ああ、私はこんな風に喜ばれてこの世に生まれてきたんだ。
こんなに愛されて大きくなったんだ。
私は両親にたくさんの幸せをプレゼント出来たんだ。

いろんなものにつまずきながら
いろんな人に迷惑をかけながら
やっとの思いで過ごしている人生だけど、
ゲームをリセットするように人生をリセットできないかと思うこともよくあるし、
自分の無能力さにほとほと嫌気がさしてしまうこともしょっちゅうだけど、
このまままっすぐ前を見ててもいいのかなぁ。
このまま生きていっていいのかなぁ。

なんだか背中を支えられている気がした。
18:04 ひとりごと comments(4) -
最後の試合

今日はバスケットの試合。
市内の中学校が集まって競い合う大きな大会だ。
この試合の最後に、3年生は引退する。

昨日の朝、
ご飯を食べながらふと手を休めたしぇてぃがぽつりと言った。

「今日、最後の朝練。」

しぇてぃの所属するバスケ部には
3年生のメンバーがしぇてぃも含めて13人。
ベンチ入り出来るのは10人。
真面目な性格のしぇてぃは、
練習にはいつも一番乗り、
体が硬いと言われれば柔軟体操、
練習が休みの日には走りに行ったり、シューティング練習に行ったり、
本当にいっしょうけんめい頑張ってきた。

でも、いよいよ最後の試合になり、
しぇてぃはベンチに入れなかった。

そしてベンチには1年生が2人入った。

しぇてぃ、キミはホントによく頑張ってきたよね。
体を動かすことが好き、とは言っても
長時間の球技をするほど体力はなかったのに、
地道にコツコツと努力し続けたキミは、
素晴らしいと思う。
心の底からそう思う。

自分でも試合に出られそうもない、というのは分かっていたんだよね。
その理由も。

「試合に出たかった。先輩たちみたいにかっこよくプレーしたかった。
 あんなに頑張ってきたのに、どうしてうまくなれなかったんだろう。」
と言って、何日か前、キミは泣いていたよね。
母はなぐさめる言葉も見つからず、
ただ泣いているキミのそばにいることしか出来なかったよ。

「天才は99%の努力と1%のひらめき」という言葉がある。
常人には思いつかないひらめきを得られる天才でも
努力しなければ何もならない、努力が大切、と解釈されてきたけれど、
本当は、
いくら努力しても、ひらめきがなければ無駄、という意味なんだって。

努力していればいつか夢はかなうよ、とだれもが言う。
でも本当にそうなんだろうか?
いつも必ず夢はかなうんだろうか?
かなわなかった人は努力が足りなかったんだろうか?

夢かなわなかったしぇてぃに、
努力が足りなかったとは思わない。
本当は、努力しても思うようにならないことのほうが多い、
と私は思っている。
でも、
成果が出ないことイコール無駄な努力ではない
とも思っている。
努力したこと、その過程で考え工夫したこと、結果が出なくて悔しかったこと、
そのすべてが人生の糧となり、
次のステージでまた大きく成長するために役に立つ、
と固く信じている。

しぇてぃが仲間たちとバスケをすることはもうない。
この先、ボールを手にすることもないかもしれない。
だから
今日は仲間たちをいっしょうけんめい応援しようよ、しぇてぃ。
キミなら、言われなくてももちろんそうするだろうね。
母も声を枯らして応援するよ。
キミと一緒に応援するよ。

09:50 ひとりごと comments(5) -
現実逃避
企業レッスンの報告レポート書かなきゃ、なんですが、
1回2時間の個人レッスンを週に2回アレンジしてくれ、
というお医者様のために講師を探さなきゃ、なんですが、
大学院の課題図書を読み終えなきゃ、なんですが、
自宅の模様替えの段取りをしなきゃ、なんですが、
ホームページリニューアルに向けて段取りしなきゃ、なんですが、
新年度のスケジュール案内も遅れてる、なんですが、

例によって

現実逃避中・・・

podcastとか聞きながら勉強してるふり。
ちなみにこのpodcastというのは
大変なすぐれものですよ。
定期的に英語の番組が配信され、タダで勉強できます。
私のお気に入りは
World news for kids
Instant guide
6 minutes English
Grammar Girl
です。
上三つはBBCのもの。
BBCの番組はとても充実しています。

今日の夕方、実家の両親が九州旅行のついでにやってくるので、
みんなで食事して夜桜見物の予定。
あと1時間くらいでレポート書きあげなきゃ。

あああああ、だりぃぃぃぃぃ
15:19 ひとりごと - -
エネルギー切れた
昨日も今日も朝ごはん食べそこなった。
昨日も今日も昼ごはんは2時過ぎだった。
しかも今日は、箸とマウスを持ちかえながら、
お弁当を流し込みながら仕事してた。
それなのに訂正ですよ。
昨日は深夜2時半まで頑張ったのに。
マウスを握りしめてた右ひじが突っ張って
今日はじわんじわん痛むのに。
もう間に合わないっぽいよ、うぅぅぅぅぅ…

分刻みで、どうかすると秒単位で駆けずり回って毎日が終わる。
一瞬だけ立ち止まって考えることがある。
どうして私はこんなことしてるんだろう。
どうしてこんな風に心をすり減らすような生活を選んでるんだろう。
ガソリンが切れるとすべてがマイナス思考。
自分が好きでやってることなのにね。

今日最後のレッスンは2時間後。
明日の夜の勉強会の準備、手つかずだなぁ。
ゴン太郎の薬、今日ももらいに行けなかった。
それでも地球は回る。
ならば乗っかったまま回るしかないよね。
18:05 ひとりごと - -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
clock
SPONSORED LINK