常に気持ちは前向き、体力は後向き、なナイスなお年頃の英語講師のブログです。2011年3月大学院無事修了。明日はどっちだ?!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
その人の名は

 


あっという間に月日は流れ・・・

写真はシルクドソレイユ”イモータル”で展示されていたMJの”痛車”
公演はチョー楽しかったものの、マリンメッセ福岡広い!
清水の舞台から飛び降りる勢いで買ったせっかくのS席も
ステージからはオペラグラスが要るくらいの距離感。
でも生でゼログラビティが見られたし、もう大満足です。

ということでMJとは何の関係もないお話なんですが

このところ円安なので(多分)家にあった外貨を円に換えに行きました。
銀行の窓口のやや年配のお姉さんに書類と外貨を渡すと
ほどなくして呼ばれました。

手続き終了かと思いきや、お姉さんの眉間にはふかーいシワが刻まれています。

「あの、この5ドル札なんですが」

え〜〜〜!!違いますよ、に、偽札と知ってて持ち込んだんじゃありません!
だっ、だいたい旅行したのは私じゃありませんし、
いやホントに知らなかったんですってば。
私、このあと仕事が入ってるんで、ここで足止めされると仕事に行けません
仕事に行けなかったら即クビなんです、どうか見逃してください


・・・と危うく叫ぶところをぐっと飲み込んでよかった


「これオーストラリアドルですよねぇ。
 
うちの外貨のリストに5ドル札が載ってないんです。」
お姉さん、せわしなく分厚い外貨リスト(お札の写真入り)をめくるものの
確かにオーストラリアドルの5ドル紙幣は見当たらない。

「確かにオーストラリアって書いてありますよねぇ。
どうしてないんだろう。
この女の人の顔は確かに見たことがあるんだけど。」

後半は独り言のようにつぶやくお姉さんの手元
そこにある5ドル紙幣には女性の顔が描かれています。

「なんでだろうなぁ、この女の人、絶対見たことあるのに。」


・・・あの


言ってもいいですか



その女性は多分、世界中の人がよーーーーく知ってる人だと思います。
現在のお顔とは若干違いますけどね、今よりだいぶ若いときの顔だから。



「エリザベス女王ですよね、その人。」


あー言ってもうた、我慢しきれずに言ってもうた。

しかしお姉さんは私の決死の覚悟の一言も耳に入らず、
ひたすら
「見たことあるのになぁ」を繰り返しつつ
まぼろしの?5ドル札画像を探し求めていたのでした。

結局、円に換えてもらえたのはそれから15分も経ってからでした。



意外に世の中に知れ渡っていない模様のエリザベス女王のご威光

12:18 ナイス嫁的日常 comments(0) -
スポンサーサイト
12:18 - - -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
clock
SPONSORED LINK